あん摩マッサージ指圧師の転職

あん摩マッサージ指圧師は転職に有利な資格ではないでしょうか。肩こり、腰痛や膝痛などで悩んでいる方はとても多いですし、ある程度歳をとればほとんどの方は身体にガタが出てきます。しかし、血流を良くしたり姿勢を気をつけたりすることで改善したり予防できることも多いのだそう。今後、あん摩マッサージ指圧師は超高齢社会ますます必要とされる職業だといえますが、この資格を取得するには何年もかかるので計画が必要でしょう。
10月に入り、過ごしやすい気候になりました。運動にはもってこいの季節ですね。運動できる身体の状態であれば、この時期に筋力をつけておくと寒くなっても身体の痛みが軽減されるそうです。身体が冷えると様々な障害を引き起こす原因となりますが、筋肉がついていると身体が冷えにくくなるそうです。また、ちょっと身体を動かすだけでもポカポカ身体があたたまり、新陳代謝もアップします。風邪もひきにくくなるそうなので、秋のうちから運動をして身体つくりに励みたいと思っています。

Continue Reading →

高濃度水素水、はじめました

何年か前から有名になった高濃度水素水。今も飲んでいる方は多いのではないでしょうか。私はこれまで健康に対してそれほど関心がなかったこともあり、遅ればせながら最近になって高濃度水素水を飲むようになりました。体の調子は良いです。
水は普段からよく飲んでいますが、特に高濃度水素水を飲むようになってから胃腸の調子が良いと感じます。海外旅行や出張にしばらく出ると、必ずといっていいほど胃腸の調子が悪化します。これは水が合わないせいですかね。飲み水だけではなく、調理に使われるのも基本的に水が合うかどうかです。その点日本は水に本当に恵まれている、豊かな国です。最近は家族が薬膳和食を学んでいるので、食べる人の健康が考えられたメニューが食卓に並びます。これからの日本はますます医療費がふくらんでいくと考えられますので、一人ひとりが健康を維持していけるように体にいい生活を心がけたいものです。

Continue Reading →

老眼はどこまですすむのか

最近、老眼がさらにひどくなったと感じる。どんな仕組みで老眼が起こるのか、また治す方法はあるのかを調べてみました。
http://www.minatomiraieye.jp/rougan/
どうやら老眼は60歳前後でその進行は止まるそうですね。これまで視力にだけは自信があったのですが、近くのものがこれだけ見えにくくなると本を読むのもスマホをいじるのも億劫に感じます。買い物などでも細かい字が見えないので間違えて買ってしまったりと、老眼がこんなに生活の負担になるのかと感じます。
しかしこれも加齢によって仕方のないことですね。幸い現代は治療もいくつかありますし、いずれ自分も白内障にもなっていくでしょう。その際に老眼にも対応できる最善の治療が受けられるように知識をつけておきたいと思います。

さて、明日からまた寒さが戻ってくるようです。周りでは風邪も流行っていますしインフルエンザもまだ油断できません。みなさんも体調管理に気をつけてください。

Continue Reading →

セラピストのスクール

知人の会社では福利厚生のひとつにリラクゼーションを受けられるようになっていると聞き、社員の健康をサポートする大切なことだと感じます。私も肩こりと腰痛持ちで、いつも身体がだるく重いように感じているため、時々マッサージの治療を受けたりしています。
妻がセラピストのスクールに興味を持っているらしく、健康の方面を学んで技術を付けてくれるのは願ってもないことです。
http://voyage.tokyo.jp/

スポーツ選手の奥さんは夫をサポートするべく料理などの勉強をしていると聞きますが、それもすごいことですね。まさに身体が資本の職業では食事と健康管理に支えられての、まさに縁の下の力持ちといったところ。毎日の作業にどれだけ愛情をこめて続けていけるか、サラリーマンである身としても考えさせられる労働のテーマです。

Continue Reading →

白内障の手術で目が輝いた

再会した知人が、いつもより目が黒々と輝いていた。聞けば、白内障の手術をしたそうだ。
生活の中でさほど不便を感じてはいなかったようだが、昔から通っている眼科医に勧められて手術をしたら、本人も思った以上によく見えるようになって、やってよかったと感想をもらしていた。
本人としたら視力がよくなること自体嬉しさを感じるだろうが、目の輝きが以前にも増して生き生きとして若々しく感じた。目というのは顔の中でも一番印象に残る部分でもあることを実感した。

エコロジーを推進して、快適な社会づくりを

Featured

私たちは職場や家庭での生活を通じ地域などの環境に関わって生きており、人々の生活空間は全国各地で、この環境に影響を及ぼしています。最近では、多くの人々が環境問題に目を向けて様々な取り組みがなされていると思います。そして、日本は地球温暖化の原因である大気中の二酸化炭素(CO2)を削減した「低炭素社会」の構築を目指しており国連気候変動サミットで、CO2の1990年比25%削減を宣言されました。しかし、私たちの取り巻く社会の実態は、人口、気候風土、交通状況等によってさまざまであり、画一的なものではなく、それぞれの暮らしの特徴に応じたものにしなければならないのではないでしょうか。エコロジーを推進して、快適な社会づくりを。このブログでは、このような意志に基づいて日々の生活を語ります。